ゼロから始める無利息活用術

消費者金融と言えば必要書類の中に含まれるものが決められています。
まず必須となるのは本人確認証。
申告をしている本人かどうかを確認すると同時に、個人信用情報機関に照会する目的があるのが本人確認証になります。
生年月日と氏名があれば消費者金融は個人信用情報機関に過去の債務履歴と現在の債務状況を問い合わせることができます。

 

もう一つ、必要な書類がある場合があります。
それは収入証明。
1社からの借り入れで50万円を超す限度額となった場合には収入証明が必要となります。
反対に50万円以下のキャッシングであれば収入証明は不要ということ。
しかしその消費者金融以外にも借り入れがあるのであればその限度額も合算して100万円以上となれば新しい借り入れ先でも収入証明を提出することになります。

 

もう少し簡単に説明しましょう。
一つめの50万円の限度額で収入証明が必要な場合です。
他社からの借り入れがなくアコムではじめての借り入れ、希望額が30万円で限度額はそのままの30万円となった。
この場合には収入証明は不要です。
借入希望額を60万円としたものの限度額は30万円となった、これもまた収入証明は必要ありません。

 

今度は複数の借り入れがあり総額100万円を超える場合です。
アコムからの借り入れが限度が30万円、プロミスから40万円の限度額となればここで合計が70万円。
アイフルから30万円の限度額をもらうときには総額が100万円となりますので収入証明が必要になります。

 

プロミス 年末年始
続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

年金が収入になるかと言えばそれは年金受給者にとっては大事な収入になるでしょう。
しかしこれが消費者金融からの借入となればそうはいきません。
即日キャッシング比較をしても多くの消費者金融が即日に融資を用意できる案がありますが年金の場合にはそうはいきません。
実際に電話をして確認をしてみましたが大手消費者金融の中に年金を収入として認めているところはありませんでした。

 

たいがい、消費者金融は申し込みの年齢基準に20歳以上というものがありますが上限もあります。
最大でも69歳となっていますが多くの場合には65歳まで。
定年退職の年齢が上がってきているとはいっても年金受給者が多くなる年齢ではあります。
消費者金融では働いて得る収入を安定した返済能力のある収入とみなしていますので残念なところです。

 

それでは年金受給者は借り入れができないのかと言えばそうではありません。
消費者金融だけに的を絞ってはいけませんし、年金手帳を担保にして借り入れをすることは法律で禁止されていますのでそれもできません。
年金を収入としてみなしてくれる借り入れ先は金融機関ではありません。
低所得者が利用することができる市や区からの借り入れがあります。
これは障害者世帯や高齢者世帯でも利用することができる借り入れです。
金利はかなり低くなっており、連帯保証人を付けることができれば金利はゼロ、つまり無利息で借り入れをすることができます。
必ず消費者金融でなければならないということはないでしょう。

 

自動契約機 誰にも会わずに借りたい
続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

ことのほか難しいこともなくキャッシングの審査には通過することができたのではないでしょうか。
在籍確認も思い悩んでいたほどの心配は必要なかったと感じていることでしょう。
在籍確認はその会社で勤めていることを確認するためのものであり、今後の返済を確実なものとするために行われているものです。

 

契約完了後つまり利用中になりますが転職をした場合にはどうなるでしょうか。
これはどの消費者金融であってもすぐに勤務先が変わったことを伝えるようになっています。
この時に改めて在籍確認があるということは一般的ではありません。
現在の借り入れ金額以上を借り入れるときには保険証などを提示することが必要になることもありますが、転職したばかりの勤務先への在籍確認は不安に感じる必要はなさそうです。

 

収入があるということ自体は変わりがないのですが転職をしたときに報告をしなければならない理由とはなんでしょうか。

 

現在の職種よりも新しい勤務先は今度は給与が増えていくかもしれませんが、新しく勤め始めたばかりです。
そのため給料は以前のものよりも少なくなることが通常。
契約限度額の変更をしなくてはならない可能性もあるということです。
また勤務先に関わらず申告している個人情報に変更があった場合には必ず変更手続きをしなくてはなりません。
つまりは簡単なこと。
契約はその時点の情報で取り交わされたものであり、別の内容であれば契約ができていなかった可能性もあります。
契約内容に変更があった場合には必ず変更を伝えなくてはなりません。

 

プロミス 増額審査
続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

キャッシングの審査では安定している収入を見ることになりますので正社員でなければ審査に通らないだろうと諦めてはいませんか?
アルバイトやパート、派遣社員でも審査に挑むことはできます。
そして借り入れをすることができます。

 

安定した収入でよく勘違いされがちになるのは「安定」イコール「基本給」であること。
基本給があるとすれば正社員が思い浮かびますのでそれがイメージとして定着しているのかもしれません。
しかし消費者金融の審査で見る安定は、基本給だけではありません。
もちろん審査の属性として職業や役職は限度額に影響をするものとなります。
基本給のある正社員であったり公務員であったりは限度額も高くなる傾向がありますので確かに審査に有利ではあります。

 

それではアルバイト、パート、派遣社員が審査に通る可能性が低いのかと言えばそれは違います。
収入の安定は給料だけではありません。
月収が高い方が有利ではあるものの、今後もその収入を得ていけるのかどうか、それを安定として確認することになります。
つまり、借り入れ金額を完済するまでの間、確実に返済をしていくことができるのかということが重要になります。
どうやって判断するのか、難しいかもしれませんね。

 

継続していくことができる収入なのかどうか、これを判断するのはこれまでの勤続年数になります。
長い期間同じ場所で働いてきたのであればそう簡単に辞めることは想像できません。
これまで働いてきた実績がこれからのあなたを認める材料となるわけです。

 

バンクイック 在籍確認 入門
続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

キャッシングをするときには金利が安い方がよい、というのは聞いたことがありますね。
しかし、キャッシングをしたことがない方にとってはその金利というものがどういうことなのかはまだわからないところかもしれません。

 

金利に近い言葉としてよく使われるのが利率、年利、利率があります。
これは1年間の借り入れでかかる利息の比率となります。
消費者金融の場合には18.0%が金利の上限となります。
そして利子、利息は同じこととなります。
利息は金利から換算されることになりますがこれはどこの金融業者でも日割りで加算されることになります。

 

それでは利息の計算方法を見てみましょう。
金利がわかっていれば利息を計算していくことができます。

 

借入残高が10万円だとして計算してみましょう。
計算式としてはこうなります。
借入残高×金利÷1年365日
これでわかるのは一日の利息です。
利用日数を掛けることで次回返済日までの利息がわかります。
10万円×18.0%÷365日、これで計算することができます。
実際に計算してみると一日の利息は49円です。
一日で考えればかなりの少額です。
一か月後の返済として考えてみるとひと月の利息は1470円です。
それほど大きなものではないと考えるかもしれませんが、これは返済額によります。

 

例えば最少返済額が2,000円だとすればその金額を返済すると元金にどれだけ充当されるかと言えばわずかに530円。
利息を考えなくてはならないというのはこういうことだったのです。

 

DHAサプリ失敗しない選び方ランキング
続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02